俺たちはそろそろ知ったほうがいい

経済や日常のニュースを気が向いた時に更新中


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【寒流】サムスンとLG、テレビで世界シェア1、2位死守


1 :依頼@水道水φ ★ 2012/02/21(火) 12:36:59.78 ID:???


サムスンとLG、テレビで世界シェア1、2位死守
∞伸び率は例年下回る

 世界のテレビ市場で、韓国のサムスン電子、LG電子がシェア1、2位をまもった。しかし、例年に
比べ伸び率は低迷し、3D(三次元)テレビなどの成長が期待を下回ったことが分かった。

■サムスン電子、6年連続首位

 市場調査会社のディスプレイサーチによると、サムスン電子は昨年、世界市場でテレビを4769万
台(シェア19.3%)販売し、首位を守った。2006年にソニーを抜いて以来、6年連続で首位を守った
ことになる。

 LG電子もシェア15.1%で、09年以来3年連続で2位を守った。サムスンとLGの販売台数を合計する
と、昨年全世界で売れたテレビの3台に1台が韓国製だったことになる。

 一方、日本勢は退潮が目立った。3位のソニー(8.2%)はシェアが一桁に低迷した。液晶ではなく、
プラズマディスプレーに集中投資した4位パナソニック(7.5%)も苦戦した。以下、5位東芝(6.5%)、
6位シャープ(5.5%)など2000年代初めまで世界市場をリードしていた日本企業は軒並み不振だった。

■成長が鈍化、革新的新製品はいつ

 サムスンとLGは数量ベースでは市場を圧倒したが、質的側面で満足な業績とは言えない。

 サムスン電子の販売台数の伸び率は、2010年には前年比19%増だったが、昨年は6%へと落ち込
んだ。LG電子は07年以降、20%前後の伸びを続けてきたが、昨年は販売台数を4%減らした。

 専門家は「昨年は世界的な金融危機の影響が大きかったが、テレビ市場の成長をリードする革新
的新製品を投入できなかったことも理由だ」と指摘した。サムスン電子は、米国で金融危機が起きた
08年にも28%の販売増を達成しており、10年にも19%伸びた。その背景には、デザインが革新的な
「クリスタルローズテレビ」や発光ダイオード(LED)テレビのように、消費者の購買意欲をそそる新製品
があった。

 各社が2010年から主力製品として投入した3Dテレビやスマートテレビは、まだ市場に本格的な影響
を与えるには至っていない。昨年の3Dテレビの市場規模は2412万台へと増えたが、LEDテレビの初期
の成長に比べればまだ劣る状況だ。LEDテレビは発売翌年の10年には4000万台が売れた。3Dテレビ
の成長ペースはLEDテレビの半分にも満たないことになる。

 韓国の流通業界関係者は「まだ3Dで見ることができるコンテンツが不足しており、あえて3Dテレビを
選ぶ需要は活発ではない」とする一方で、「最近の高級テレビは大半が3Dやインターネット接続機能
を備えており、自然に販売量が増える傾向にある」と指摘した。

 高麗大のチョ・ミョンヒョン教授(経営学)は「韓国の電子メーカーは、アップルに振り回されたスマー
トフォン市場とは異なり、テレビ市場では革新的アイデアで市場を攻略してきた。先頭ランナーとして
革新的な製品を投入できなければ、いつでも危機に直面しかねない」と述べた。

卓相勲(タク・サンフン)記者


ソース:朝鮮日報日本語版 2012/02/20 09:08
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/02/20/2012022000568.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/02/20/2012022000568_2.html
画像






スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://economynewswww.blog.fc2.com/tb.php/65-ef102413

About

HOME RSS
このブログについて

オススメ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

カウンター

タグクラウド

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

アクセスランキング

アンテナサイト様

お気に入りサイト様

こうこく

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。