俺たちはそろそろ知ったほうがいい

経済や日常のニュースを気が向いた時に更新中


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【過労死をなくす方法?】それは…忙しかったら従業員をじゃんじゃん採用しろ--城繁幸


1 :ライトスタッフ◎φ ★ 2012/03/02(金) 17:20:42.66 ID:???


ワタミの過労自殺問題で、渡邉美樹社長に対するバッシングが盛り上がっている。
責任の所在については経営者に帰せられるのは当然なので、別に異論はない。
ただ、同様の悲劇を防ぐための対策は別途考える必要がある。というのも、
経営者にお灸を据えた程度では、この種の問題は決して根絶しないからだ。

まず、そもそもの大前提として、日本に「従業員が死んでもいいから働き続けろ」
と考えている経営者はいない。当たり前の話だが、従業員が過労死や過労自殺する
ことによって受ける社会的信用の毀損は、月に100時間残業させることで稼げる
利益よりケタ違いに大きいからだ。

ワタミのようにトップが目立ちたがり屋の企業ならなおさらで、きっと今ごろ人事
部門の責任者は社内で責任を追及されているはずだ(とはいえそれを監督するのが
トップの務めであるわけで、やはり最終的に渡邉社長自身の責任問題だろう)。

■忙しかったら従業員をじゃんじゃん採用しろ

では、管理職や人事部にはっぱをかければ、この種の出来事は未然に防ぎきれる
だろうか。筆者の経験上、それは難しいと考える。たとえば、厚労省は過労死の
認定基準について、以下のように定めている。

「発症前1か月間におおむね100時間又は発症前2か月間ないし6か月間にわたって、
1か月当たりおおむね80時間を超える時間外労働が認められる場合は、業務と発症
との関連性が強いと評価できることを踏まえて判断すること」

月に100時間、もしくは2か月間連続で80時間以上残業している従業員全員と面談し、
メディカルな部分まで含めてチェックできるかというと、現実にはなかなか難しい。

筆者は以前、担当事業所で3か月連続で100時間を越える従業員のチェックを担当して
いたが、やっている自分の残業時間が150時間を越えてしまった。それでも十分な
チェックができていたとは思えない。当時(自分も含め)誰も死ななかったのは
運が良かっただけの話である。

では、抜本的な対策は何か。もうこれは単純に、厚労省が言うように、月の残業
時間を80時間未満に抑えるしかない。つまり、忙しかったら従業員をじゃんじゃん
採用しろということだ。そして人的リソースをジャブジャブにした上で、

「残業するなんてバカじゃないの?」

という他国ではごく常識的な価値観を社会全体で共有すればよい。(※続く)

http://www.j-cast.com/kaisha/2012/02/28123581.html?p=all



2 :ライトスタッフ◎φ ★ 2012/03/02(金) 17:20:53.37 ID:???


>>1の続き

■「人を雇うと発生するしがらみ」を減らせ

もちろん、そのためには「企業がどんどん人を増やしやすくなる環境整備」が必要と
なる。社会保険料の事業主負担や最低賃金といった「企業が負担せねばならない社会
保障コスト」を思い切って減らしつつ、雇用契約の見直しを柔軟に認める流動化が
必須だろう。

人を雇うと発生するしがらみを減らすことが、もっとも多くの雇用を生み出すのだ。

実は筆者は、上記のような政策が、労働者の側にもう一つの、目には見えないが
強力なセーフティネットを作りだしてくれるのではないかと強く期待している。

それは「辞めたくなったらいつでも辞められる環境づくり」だ。このご時世、せっかく
入った会社を辞めたくても辞められない人は多いだろう。中には歯を食いしばって、
月百時間以上の残業に耐えている人もいるはずだ。

そんな時、いつでもアクセス可能な流動的な労働市場があれば、状況は大きく変わる
のではないか。

「石の上にも3年」というのは日本独自の美徳だが、美徳が生命の上に位置しては
ならない。そんなことはやりたい奴が勝手に我慢比べをしていればいいだけの話で、
そうでない人のための抜け道を整備するのが、究極の過労死対策だろう。

◎執筆者/城繁幸
人事コンサルティング「Joe's Labo」代表。1973年生まれ。東京大学法学部卒業後、
富士通入社。2004年独立。人事制度、採用等の各種雇用問題において、「若者の視点」
を取り入れたユニークな意見を各種経済誌やメディアで発信し続けている。06年に
出版した『若者はなぜ3年で辞めるのか?』は2、30代ビジネスパーソンの強い支持を受け、
40万部を超えるベストセラーに。08年発売の続編『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか
-アウトサイダーの時代』も15万部を越えるヒット。







5 :名刺は切らしておりまして 2012/03/02(金) 17:25:02.77 ID:eKN5mG5f


> もちろん、そのためには「企業がどんどん人を増やしやすくなる環境整備」が必要と
> なる。社会保険料の事業主負担や最低賃金といった「企業が負担せねばならない社会
> 保障コスト」を思い切って減らしつつ、雇用契約の見直しを柔軟に認める流動化が
> 必須だろう。
ここだけ実現されて、人は採用されないという落ちですな。



11 :名刺は切らしておりまして 2012/03/02(金) 17:29:39.16 ID:KV5oKQZ6


しかし、雇用を流動化するかどうかって、もうこれ企業側の選択だからね
経営者からすれば、現状の社畜制度のほうが有難いわけで
だから難しいだろうな



12 :名刺は切らしておりまして 2012/03/02(金) 17:30:54.99 ID:xJwkiofJ


この発想はなかったわ


17 :名刺は切らしておりまして 2012/03/02(金) 17:35:33.19 ID:rpAPFkDE


生き残った奴が社員



21 :名刺は切らしておりまして 2012/03/02(金) 17:39:12.96 ID:8F9W0JxT


じゃぶじゃぶ採用してもいい
辞めたくなったらいつでも辞めていい

その代わり 辞めさせたいときには問答無用で即日解雇

そうなるけどいいの?



24 :名刺は切らしておりまして 2012/03/02(金) 17:40:18.15 ID:RR2/6fQy


>>21
逆に被雇用者も即日で辞めてもいいようにすればいいんじゃね?



31 :名刺は切らしておりまして 2012/03/02(金) 17:46:32.92 ID:LT6IsG3r


そりゃ即戦力ならいいが、忙しい時にド素人に入ってもらっても、余計に忙しくなるだけ
仕事増やすだけで、全く効率化につながらない
城はここらへんをどう考えているのだろうか?



38 :名刺は切らしておりまして 2012/03/02(金) 17:50:37.82 ID:4lDQqLNq

 
過労死が問題になるってほとんどがサービス業で、海外に
逃げられないんだから罰則を強化すればいいだけ。



39 :名刺は切らしておりまして 2012/03/02(金) 17:52:43.17 ID:x3LyvPrV


だとよワタミ




42 :名刺は切らしておりまして 2012/03/02(金) 17:55:39.72 ID:rCpNIpO5


サビ残は本来の時給の2倍とか罰則つけりゃすぐ解決
やらないのはサビ残推奨してるだけ



55 :名刺は切らしておりまして 2012/03/02(金) 18:11:49.62 ID:Tk6yFYCU


人件費が売り上げの60%を超すような所には、
法人税を減免するとかにすればいいんじゃない?



56 :名刺は切らしておりまして 2012/03/02(金) 18:11:51.09 ID:UXv4kuDg


残業させたら企業が損だということなるようにするべき



67 :名刺は切らしておりまして 2012/03/02(金) 18:17:28.12 ID:SGcv53ei


城よ。 グローバル化とITによる飽くなき効率化が続く限り、それは夢物語だ。 
企業はこれからも極限まで省力化、効率化を進めるだろう。  
結果的に人がどんどん不要になるのだということを忘れては居まいか?

それに日本企業の性質を甘く見すぎている。
人を雇うより長時間労働させることを選択するのが日本企業なんだよ。




71 :名刺は切らしておりまして 2012/03/02(金) 18:20:56.51 ID:n1bfhyyc


>当たり前の話だが、従業員が過労死や過労自殺する
>ことによって受ける社会的信用の毀損は、月に100時間残業させることで稼げる
>利益よりケタ違いに大きいからだ。
全くだよな。日本でも企業相手の訴訟では早く懲罰的損害賠償を
認めるべき。
過労死の代償は10億みたいな賠償が認められれば、こんなバカな話はすぐなくなる。



74 :名刺は切らしておりまして 2012/03/02(金) 18:23:19.38 ID:SGcv53ei


>>71
残念だが日本の司法は企業寄りで、これからもその傾向は変らないだろう。

企業というのは本質的に法律を守れない存在なのだということを我々は肝に銘じておく必要がある。



77 :名刺は切らしておりまして 2012/03/02(金) 18:25:48.61 ID:QDGbcRRD


>>74
そうそう。
だからしっかりとした規制は必要なんだよね。

特に投資家や証券界にはもっと多額の税金や取引税をかけて良いと思う。



73 :名刺は切らしておりまして 2012/03/02(金) 18:23:13.54 ID:kh4ywm4+


和民の社長の立場で考えろ

100時間や200時間程度のサービス残業でクズはいらない
迷惑をかけるな
本来はこちらが違約金をもらいたい気持ちだ

と考えている



78 :名刺は切らしておりまして 2012/03/02(金) 18:26:50.03 ID:PzCurxq0


問題の核が単に労働時間にあると考えてるなら阿呆でしょ
好きな仕事なら何時間でも残業できるぞ
仕事の時間当たりの質にも着目しろよ
人の悩みの9割は人間関係だぞ
それら混みで労働環境を語れよ



98 :名刺は切らしておりまして 2012/03/02(金) 18:47:37.74 ID:cInJWxGk


厳しい世論にものともせず過労死寸前まで使いまわす企業だけが生き残れる。
それがこれからの日本



105 :名刺は切らしておりまして 2012/03/02(金) 19:02:40.32 ID:gUdY51mN


>日本に「従業員が死んでもいいから働き続けろ」
>と考えている経営者はいない。

いるだろ



117 :名刺は切らしておりまして 2012/03/02(金) 19:20:22.55 ID:J4zO6Pn+


まず、そもそもの大前提として、日本に「従業員が死んでもいいから働き続けろ」
と考えている経営者はいない。

アホか、こういう大前提のもとに働かされてるから被害者が出るんだろ。



130 :名刺は切らしておりまして 2012/03/02(金) 23:08:20.85 ID:CMxqKTdS


>まず、そもそもの大前提として、日本に「従業員が死んでもいいから働き続けろ」
>と考えている経営者はいない。当たり前の話だが、従業員が過労死や過労自殺する
>ことによって受ける社会的信用の毀損は、月に100時間残業させることで稼げる
>利益よりケタ違いに大きいからだ。

いやー。。。どうかなぁ?
雪印やミートホープの事件なんかもあったわけだしなぁ。。。
日本の経営者って社会的信用の毀損なんかまったく考えてないんじゃね?www



134 :名刺は切らしておりまして 2012/03/02(金) 23:49:33.69 ID:jb+sqFcp


残業代を今の二倍にすればいい
世界ではそれがデファクトスタンダードだし

時間外手当が基本給の2~3倍なんて国山ほどある



138 :名刺は切らしておりまして 2012/03/02(金) 23:59:29.96 ID:XRaS●X HS


ジャブジャブ人雇う→粗利減る→一般管理費減らさないといけない
→偉いさんの取り分が減るので困る。→やっぱり少数先鋭奴隷部屋最高。



75 :名刺は切らしておりまして 2012/03/02(金) 18:24:35.59 ID:skaXt0Vo


駒ならいくらでもある
使える駒だけ使えるうち使うだけよ



スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://economynewswww.blog.fc2.com/tb.php/107-aee9bbdc

About

HOME RSS
このブログについて

オススメ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

カウンター

タグクラウド

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

アクセスランキング

アンテナサイト様

お気に入りサイト様

こうこく

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。